印刷

文字サイズ

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

お求めやすい価格で好調の「リオネットクラッセ」を拡充
「リオネットクラッセ」に耳あな型オーダーメイド補聴器など3機種を追加投入

2016年07月14日

デジタル補聴器「リオネットクラッセ」

リオンは、お求めやすい価格で好調の「リオネットクラッセ」に、耳あな型オーダーメイド補聴器2機種と、フックタイプの耳かけ型補聴器1機種を7月20日から追加発売します。

当社では、2014年7月に、アナログ補聴器からの買い替えや両耳装用をお考えの方などを対象にお求めやすい価格とした「リオネットクラッセ」を発売。外耳道にイヤホンが入るRICタイプとイヤホンを外耳道の入口に配置するRITEタイプが選択可能な耳かけ型デジタル補聴器「HB-J1CL」と、RITEタイプの耳かけ型防水デジタル補聴器「HB-W1CL」の2機種を投入し、好評を得ています。

右図 左から「HI-C1CL」スーパーミニカナール(CIC)、「HI-C2CL」カナールエイド

「リオネットクラッセ」のネーミング

CLASSE(等級、階級/イタリア語)に由来。お求めやすい価格でありながら、「クラス感」を感じさせる機能、性能、外観を実現していることを表現しています。

追加機種の主な特長

1)「リオネットクラッセ」の品揃えを拡充

  • 耳あな型オーダーメイド補聴器の拡充
    装用者の耳の形、聴力にあわせてひとつずつ製作する耳あな型オーダーメイド補聴器に、目立たない小型タイプの「HI-C1CL」スーパーミニカナール(CIC)と、使いやすい小型タイプの「HI-C2CL」カナールエイドを投入します。
  • フックタイプの耳かけ型補聴器を投入
    FM補聴システム(有料)などに対応するフックタイプの耳かけ型補聴器「HB-G9CL」をラインアップに追加投入し、耳かけ型補聴器を計3機種に拡充しました。

2)豊富なカラーバリエーション

耳かけ型補聴器「HB-G9CL」は、7色から選択可能です。本体カラーは、フレッシュグレー、ベージュ、カフェラテ、チョコレート、シャドーブラック、ローズピンク、スカイブルーの7色を用意。

3)追加機種の主な機能

  • デジタル信号処理は、6バンド2チャンネルです。
  • 「ハウリングキャンセラー(AFBCα)」が、不快なピーピー音(ハウリング)を自動的に起きにくくします。
  • 「ノイズリダクション(NR)」が、エアコンや換気扇などの耳ざわりな騒音を効果的に低減します。
  • 「パルスノイズサプレッサー(PNS)」が、不快な衝撃音(例えば、食器を洗う「カチャカチャ」という音)を抑えます。
  • 「出力制限装置(2チャンネルOPC)」が大きすぎる音をしっかりと抑えます。
  • 「おまかせ回路」により電池のプラス・マイナスをどちらの向きに入れても補聴器が正しく作動します。電池の交換が簡単にできます。
  • 「スタート時間設定機能」が補聴器を装用するときの不快なピーピー音(ハウリング)を起きにくくします。
  • 電池交換おしらせ音
  • 携帯電話ノイズ対策
  • 2年間の無料修理

医療機器認証番号

販売名:補聴器 HI-C1CL 医療機器認証番号:223AABZX00067A06
販売名:補聴器 HI-C2CL 医療機器認証番号:224AABZX00189A05

販売名:補聴器 HB-G9CL 医療機器認証番号:228AABZX00018A01