医用検査機器

聴力検査に用いられるオージオメータなど、リオンの医用検査機器は耳鼻咽喉科領域を中心とした様々な医用分野で活躍しています。

印刷

文字サイズ

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

耳管機能検査装置製品詳細

JK-05A(Dタイプ)

耳管機能不全の診断や治療効果の判定に

  • 医療機器認証番号:220AABZX00038000
  • 電子カルテ対応
  • JANコード:4989696013234

音響法とインピーダンス法の2種類に加えT.T.A.G.法、インフレーション・デフレーション法(加圧減圧法)の4種類の検査ができるタイプです。

  • 高出力スピーカにより、音響法による測定時の出力音圧を上げ、測定時のS/N比が向上しました。
  • 小型プローブにより、音響法とインピーダンス法でプローブ交換の必要がありません。
  • 鼻咽腔圧、外耳道圧の正負圧表示によりツインビー法の検査にも対応しています。(インピーダンス法およびT.T.A.G.法)
  • 音響法の負荷音圧を手動調整機能で設定できます。負荷音圧は数値表示され、任意の音圧で測定が行えます。
  • シリアル通信機能(RS-232-Cに準拠)を装備しており、別売ソフトウェアにより電子カルテに対応できます。感熱式ラインプリンタを内蔵しています。

検査項目

音響法、インピーダンス法、T.T.A.G.法、インフレーション・デフレーション法(加圧減圧法)

仕様

電源 100V 50/60Hz 約50VA
大きさ 本体:約330(幅)×260(奥行)×180(高さ)mm
オプションユニット:約330(幅)×375(奥行)×65(高さ)mm
重さ 本体:約7.4kg
オプションユニット:約4.2kg

JK-05A(Sタイプ)

耳管機能不全の診断や治療効果の判定に

  • 医療機器認証番号:220AABZX00038000
  • 電子カルテ対応
  • JANコード:4989696013180

音響法とインピーダンス法の2種類の検査に特化したタイプです。

  • 高出力スピーカにより、音響法による測定時の出力音圧を上げ、測定時のS/N比が向上しました。
  • 小型プローブにより、音響法とインピーダンス法でプローブ交換の必要がありません。
  • 鼻咽腔圧、外耳道圧の正負圧表示によりツインビー法の検査にも対応しています。(インピーダンス法)
  • 音響法の負荷音圧を手動調整機能で設定できます。負荷音圧は数値表示され、任意の音圧で測定が行えます。
  • シリアル通信機能(RS-232-Cに準拠)を装備しており、別売ソフトウェアにより電子カルテに対応できます。感熱式ラインプリンタを内蔵しています。

検査項目

音響法、インピーダンス法

仕様

電源 100V 50/60Hz 約50VA
大きさ 本体:約330(幅)×260(奥行)×180(高さ)mm
重さ 本体:約7.4kg