医用検査機器

聴力検査に用いられるオージオメータなど、リオンの医用検査機器は耳鼻咽喉科領域を中心とした様々な医用分野で活躍しています。

印刷

文字サイズ

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

補聴器管理支援システム製品詳細

LH-15

補聴器特性試験装置

多彩な設定が簡単に行えます。

  • 入出力特性、最大音響利得、ひずみ率、最大出力音圧レベルなどの任意の測定項目10項目までが自動で一度に行えます。
  • 測定データを手軽に印字できるサーマルプリンタを搭載。
  • データをパソコンで管理するために便利なRS-232-Cインタフェースを搭載。

仕様

測定周波数 100?10,000Hz、 自動連続、 手動連続、 固定
入力音圧レベル 50?100dB(10dB連続可変)
測定音圧レベル範囲 50?145dB
電源 AC100V 50/60Hz 約120VA
大きさ 本体:約460(W)×400(D)×260(H)mm
音響測定箱:約400(W)×465(D)×485(H)mm
重さ 本体:約15kg
音響測定箱:約23kg

LH-21

補聴器特性試験装置

市販のコンピュータと接続して補聴器の各種特性を自動測定できます。

  • クリックするだけで入力音圧レベル90dB/60dB/50dBの周波数レスポンス、入出力特性を自動測定します。
  • マルチサイン(複合サイン波)を利用して、補聴器の調整変更後の特性をリアルタイムで測定。
  • 補聴器データの測定・管理/補聴器のフィッティングにも有効です。
  • コンピュータに市販のプリンタを接続すれば測定結果の印字も可能。

仕様

測定周波数 100?8,000Hz
入力音圧レベル 50?90dB
測定音圧レベル範囲 50?145dB
電源 AC100V 50/60Hz 約35VA
大きさ 約400(W)×310(D)×180(H)mm
重さ 約10kg

LH-31

補聴器特性試験装置 LH-31

補聴器特性試験装置

コンパクトタイプで持ち運びできます。

  • 補聴器への入力音圧は60dBSPLおよび90dBSPLのほか70dBSPL、80dBSPLを備え、より詳細な測定ができます。
  • 測定結果を4回分メモリできます。
  • 高速サーマルプリンタを搭載。

仕様

測定信号 ウォーブルトーン
測定周波数 500、1,000、1,600、2,500Hz固定、 200?8,000Hz自動掃引
入力音圧レベル 60、70、80、90dB
測定音圧レベル範囲 60?145dB
入出力特性 60?90dBSPL 1dBステップ
プリンタ 高速サーマルプリンタ
電源 AC100V 50/60Hz 約40VA
大きさ 約290(W)×260(D)×75(H)mm
重さ 約3.1kg

HF-03

補聴効果測定装置 HF-03

補聴効果測定装置

補聴器の装用効果を測定し、装用者自身に補聴器の効果を実感してもらうシステムです。

  • 装用利得、語音明瞭度などの装用効果の測定・フィッティング効果の確認に用います。
  • 250Hzから4,000Hzまで5周波数のウォーブルトーンを出力します。
  • CDプレイヤー(オプション)を接続し、語音明瞭度の測定のための音声や音楽を出力することもできます。

仕様

音源 ウォーブルトーン:5種類(中心周波数 250、500、1000、2,000、4,000Hz)
周波数偏移:約±10%
変調周波数:約10Hz
スピーチ入力:CDプレイヤーを接続可能
出力 スピーカ出力端子:1個 8Ω 1W
外部出力端子:ピンジャック×2
出力音圧レベル:20?90dB
電源 AC100V 50/60Hz 約30VA
大きさ 約250(W)×270(D)×100(H)mm
重さ         約3.5kg