微粒子計測器

液中パーティクルカウンタ

バッチサンプリング測定用製品詳細

KS-19F

液中パーティクルセンサ、フッ化水素酸対応

薬液中の0.03μm粒子を測定

  • 最小可測粒径0.03μm、薬液対応の液中パーティクルセンサにおいて世界最小粒径(2014年2月当社調べ)
  • セルにサファイアを採用
  • 豊富なオプションによりバッチ測定とインライン測定の両方に対応

仕様

光学系方式 側方散乱方式
光源 半導体レーザ励起固体レーザ(波長532nm、定格出力800mW)
接液部材質 サファイア、PFA
粒径区分 0.03μm~0.13μmの範囲で2から10段階
出荷時:0.03μm以上、0.06μm以上、0.1μm以上、0.13μm以上の4段階
定格流量 10mL/min
最大粒子個数濃度 40,000個/mL(計数損失10%以内)
電源 DC12V(KE-40B1より供給)
大きさ 約170(H)×487(W)×310(D)mm(突起部は除く)
重さ 約13.5kg