Interview 先輩社員の声

開発者自ら製品の取り扱い説明書まで作る最初から最後まで関わるからこそ、製品に誇りを持てる
Engineer 機械系出身 1999年入社

現在の仕事

主に補聴器のケース(筐体)・構造について開発・設計を行っています。
具体的な内容としては、新しい構造の検討やそれを盛り込んだ新製品の仕様書作成、具現化するために3D-CADを使用しての詳細設計、設計仕様に対する試作品評価を行います。また既存製品の技術的クレームの対応や量産ラインでの不具合の対応も行っています。

仕事のやりがい

自分の考えたモノが多くの人の手によって製品化され、それがカタログに記載され、店頭に並び、最終的にはお客様に届けられ使用されます。開発・設計担当者は製品に関する全ての源流になるため仕事量も多く、夜遅くまで働くこともありますが、自分の考えた補聴器をカタログで見た時に達成感を感じます。

過去に経験した仕事

入社して数年は製造部門でプラスチック金型・プレス金型・冶工具の設計・製作を行っていました。リオンは珍しく社内に加工現場を有しています。そこでCAD・CAMや機械加工などを経験し、モノ作り知識や技術の基礎を習得することができました。今でもその時の経験が生きていると思います。

プライベートの過ごし方

自転車通勤がきっかけで自転車が好きになり、趣味で自転車レースに参加しています。去年の最高成績はツールド北海道(市民)の第3ステージ優勝と総合2位でした。今年からは実業団登録を行い実業団レースに参戦しています。時間があればトレーニングばかりしています。

一日のスケジュール