印刷

文字サイズ

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

~台湾最大の眼鏡店チェーン「寶島眼鏡」との共同事業を推進~
台湾におけるリオネット補聴器の販売を強化

2018年09月04日

リオンは、2018年8月15日に、台湾最大の眼鏡店チェーンである「寶島眼鏡」と共同記者会見を開催し、台湾国内における補聴器の販売活動を一層強化していくことで合意しました。当社は、台湾におけるリオネット補聴器の拡販活動を進めていく方針です。


news_180831_1.jpg

当社は補聴器の新しい販売チャネルを構築するために、台湾最大の眼鏡店チェーンである寶島眼鏡と販売契約を締結し、2016年7月から眼鏡店4店舗における補聴器販売を開始しました。以来、寶島眼鏡の店舗において、聴力の測定や言葉の聞き取りを測定するオージオメータなど聴覚検査機器を用いた補聴器フィッティングの指導を行い、現地での補聴器販売担当者の育成及び補聴器の販売支援を継続してきました。
現在までに補聴器を販売する眼鏡店は10店舗に拡大しました。このたび、寶島眼鏡の蔡国平執行副董事長と当社代表取締役社長の清水健一が共同記者会見を開き、台湾における補聴器の販売活動をさらに推進していくことで合意しました。蔡国平執行副董事長からは、リオンと協力していくことで消費者の視力と聴力の低下を同時に防いでいく旨が述べられ、当社代表取締役社長の清水健一からは、「リオンは、補聴器を日本国内で生産し高品質を維持しているとともに、適正に補聴器を装用するための調整技術がある。その技術を寶島眼鏡に提供し、サービス向上に協力していく。是非店舗に足を運んで欲しい。」と伝えました。
当社は寶島眼鏡に対するリオネット補聴器の販売支援を強化し、台湾における補聴器販売の拡販を進めていきます。


※写真左より、台湾利音貿易 郭裕文総経理、当社代表取締役社長 清水健一、寶島眼鏡 蔡国平副董事長


寶島眼鏡について

寶島眼鏡店舗での販売の様子
  • 名  称  寶島光學科技股份有限公司
  • 所 在 地  新北市汐止區新台五路一段81號16樓之6
  • 事業内容  眼鏡、コンタクトレンズ、コンタクトレンズの洗浄液などを販売
  • 販売店網  台湾に約460店舖 (2018年7月末現在)  ※中国では約1200店舗を展開