企業情報

リオンの音響・振動技術は、さまざまな分野で暮らしとビジネスを支えています。

印刷

文字サイズ

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

沿革と歴史

小林理研製作所 第1工場外観

当社は、音響学と物理学の民間研究所である一般財団法人小林理学研究所の研究成果の製品化を目的として、昭和19年、株式会社小林理研製作所の社名で設立され、わが国最初の音響機器用クリスタルエレメントおよびその応用製品の製造を開始しました。

さらに難聴者の福祉をはかるためにわが国初の補聴器を発売し、リオネットの名で親しまれることになり、国内では常に最大のシェアを維持するとともに、海外にも福祉の輪を広げています。

昭和35年には、理学の“リ”、音響の“オン”に由来する「リオン株式会社」に社名を改めました。

オージオメータに代表される耳鼻科関連 医用検査機器群、環境保全や産業分野で使用される騒音計・振動計などの音響・振動計測器群、半導体・薬品工業・精密工業などにおける清浄度管理に不可欠な微粒子計測器、震災を最小限におさえるための防災用・制御用地震計など地震計測システムなど福祉および環境問題を中心に製品分野を広げ、これらの製品群は国内はもちろん海外でも高い評価を得ています。

このように当社は、長い技術の蓄積とたゆまざる新技術への挑戦によって社会福祉の増進と安全な生活、技術革新に寄与することを誇りとして、その社会的使命の達成にまい進しています。

年表

1944年 株式会社小林理研製作所(現・当社)を設立
1946年 ロッシェル塩の圧電振動子を使用したマイクロホン(M-101)及びピックアップ(P-101)を発売
1948年 日本初の量産型補聴器(H-501)を発売
1950年 補聴器が身体障害者福祉法品目に指定
1952年 オージオメータ(聴力検査器 A-1002)を発売
1954年 大阪サービスステーション(現・西日本営業所)を開設
1955年 騒音計(N-1101)を発売
1956年 トランジスタ補聴器(H-530)を発売
聴力検査室(AT-2)を発売
粘度計(RV-1501)を発売
1959年 眼振計(NY-2301)を発売
1960年 リオン金属工業株式会社(現・連結子会社)を設立
株式会社小林理研製作所をリオン株式会社に商号変更
1961年 リオネットセンターを開設
1962年 円盤式録音再生機リオノコーダ(RR-01)を発売
1963年 仙台出張所(現・仙台営業所)を開設
1964年 耳かけ型補聴器(HA-07)を発売
圧電点火装置リオノスパーカー(PE-01)を発売
1965年 振動計(VM-01)を発売
1969年 東北リオン株式会社(2010年3月清算結了)を設立
脳波加算装置(AR-03)を発売
1970年 小宮電気株式会社(現・連結子会社 九州リオン株式会社)を買収し、子会社化
世界初のデジタル騒音計(NA-10)を発売
1971年 補聴器として日本初のグッドデザイン賞を受賞(HA-27シリーズ)
1972年 名古屋出張所(現・東海営業所)を開設
1974年 広島出張所(2002年5月に閉鎖、現・西日本営業所に統合)を開設
日本初の騒音計における計量法型式承認を取得(NA-09、NA-07A)
1977年 気中微粒子計(KC-01)を発売
1979年 理音電子工業股份有限公司を台湾に設立(2013年10月売却)
1980年 地震計(SM-10)を発売
1981年 世界初のトランジスタ式微風速計(AM-02、AM-03)を発売
世界初の自動騒音抑制式(ANS)補聴器(HA-39AS)を発売
1983年 世界初の人工中耳の開発に成功
世界初のワイヤレスCROS骨導めがね式補聴器(HE-72)を発売
1984年 オーダーメイド補聴器(HI-02)を発売
世界初の防滴耳かけ型補聴器(HB-35)を発売
日本初の液中微粒子計(KL-01)を発売
1986年 世界初の防水耳かけ型補聴器(HB-35PT)を発売
世界初の1/Nオクターブリアルタイム分析器(SA-26)を発売
1991年 世界初のデジタル補聴器(HD-10)を発売
1993年 ISO9001(騒音計)の認証を取得
1995年 ISO9001(騒音計を除く全製品)の認証を取得
1996年 株式を店頭公開
有限会社アールアイ(現・非連結子会社)を設立
世界初の「おまかせ回路」搭載補聴器(HB-55S)を発売
1997年 株式会社国際補聴器(現・連結子会社 関東リオン株式会社)を買収し、子会社化
1998年 CE認証(93/42/EEC)を取得
1999年 ISO14001の認証を取得
2000年 東証二部に上場
2002年 リオンサービスセンター株式会社(現・連結子会社)を設立
リオンテクノ株式会社(現・連結子会社)を設立
欧州駐在員事務所をオランダに開設
2003年 ISO13485の認証を取得
2004年 日本初の補聴器シェル自動生産システム「リオネット夢耳工房」稼働
2005年 世界初の防水型オーダーメイド補聴器(HI-G4WE)を発売
九州リオン株式会社が株式会社福岡補聴器センター(現・非連結子会社)を買収し、子会社化
2006年 リオン計測器販売株式会社を設立(2012年11月清算結了)
東海リオン株式会社(現・連結子会社)を設立
補聴器の累計出荷台数600万台を達成
2008年 東京営業所を開設
2009年 有限会社ヒアリンク(現・非連結子会社 東京リオネット販売株式会社)を買収し、子会社化
2010年 中国駐在員事務所を中国に開設(2013年3月閉鎖)
国産初のハンディタイプOAEスクリーナー(ER-60)を発売
2011年 東証一部銘柄に指定
2012年 東日本営業所を開設
上海理音商貿有限公司(現・非連結子会社)を中国に設立
2015年 上海理音科技有限公司(現・非連結子会社)を中国に設立