印刷

文字サイズ

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

好評の「リオネットプレシアV」など主力補聴器を展開
台湾の最大手眼鏡店チェーン「寶島眼鏡」にて当社補聴器を販売開始

2016年07月04日

リオン株式会社の補聴器が、台湾の最大手眼鏡店チェーンである「寶島眼鏡」の店舗にて、2016年7月2日から販売開始されました。
当初は、「寶島眼鏡」の台北市/徳行東路店、新北市/板橋埔墘(※土へんに乾)店、台中市/東山路店、高雄市/自由路店の4店舗で販売を開始し、2016年末までに6店舗を加え計10店舗まで拡大します。今回、「寶島眼鏡」の店舗で販売される補聴器は、日本国内でも好評を博している「リオネットプレシアV」など当社の主力機種となります。
台湾における補聴器市場は、補聴器専門店での販売が主流となっており、眼鏡店などでは取り扱われていませんでした。※当社調べ
「寶島眼鏡」は、台湾国内において351店舖 (2016年6月現在)を有する台湾最大の眼鏡店チェーンであり、台湾国内における同社販売網を通じての補聴器の販売は大きな需要が見込まれます。当社では、販売開始にあわせて聴力の測定や言葉の聞き取りを測定するオージオメータなど聴覚検査機器を用いた補聴器調整技術の指導を行い、補聴器販売担当者のスキル向上を支援します。今後は、「寶島眼鏡」における当社製補聴器の販売を通じて、台湾国内での拡販を進めていきます。

寶島眼鏡について

  • 名  称  寶島光學科技股份有限公司
  • 董 事 長   蔡 國洲
  • 主な業務  眼鏡、コンタクトレンズ、コンタクトレンズの洗浄液などを販売
  • 販売店網  台湾 351店舖 (2016年6月)※中国では約1,200店舗を展開しています。

主な展開商品

  • 高い評価を得ている快適性を重視したスタンダードモデル「リオネットプレシアV」
  • 性能と使いやすさを向上した高出力補聴器「ハイパワーシリーズ」

販売を開始する店舗について

「寶島眼鏡」の台北市/徳行東路店、新北市/板橋埔墘(土へんに乾)店、台中市/東山路店、高雄市/自由路店の4店舗にて2016年7月2日から販売を開始し、2016年末までに6店舗を加え計10店舗まで拡大します。

今後の事業展開について

5年後には、台湾国内において年間約5,000台の補聴器の販売を見込んでいます